生徒さんも大苦戦・・・ 「飛」の書き方のコツを解説

先日のペン字のオンラインレッスン時、生徒さんが「飛行機」という漢字を書かれました。

 



何度か書いたことがあるので、結構バランス良く書けるようになってはいますが…

特に「飛」がまだ何かしっくりこないので、もう1度書き方を教えてほしいとのご依頼です。

 

 

上の字も悪くはありませんが、ちょっと字が太って見えるかな!?

 

ポイントはたくさんありますが、

①4画目のたて線を中心に長く書く

※書き順は覚えておいてくださいね


そして、青印をした部分

②4つの空間の大きさを揃える

 

 

そうすることで、バランスが良くなりスリムでカッコ良く魅せることができますよ。

 

頭では分かったとしても、恐らく実際に書いてみると上手く書けないと思います。。

(宜しければ実際に書いて試してみてください)

 

「飛」はそれくらい難しい漢字なので、何度も練習をして自分なりのコツを掴むことが大切!

 

 

レッスンでは実際のペンの動きを見せながら、生徒さんに細かく説明していきます。

 

 

 

失敗しながら何度も練習を繰り返すことで、キレイな「飛」が書けるようになってきましたよ!

 

 

①4画目の縦線が長くなり、字がスリムになりました。

②真ん中の4つの空間も揃い、バランスが良くなりなりました。

バッチリ決まりましたね!

 


「飛」は他にも書き方のコツはたくさんありますが、

本日は2つのポイントだけでも意識して覚えてみてください。

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める