来月の毛筆書写検定1級に向け、大筆作品に初挑戦!


来月の11月13日に、全国一斉に書写検定試験が開催されます。


私の生徒さんも全国各地、それぞれの地で受験されます。

特に最高位の1級を受験される方は今は追い込みの時期で、皆さん頑張っていますよ!
それくらい、1級は難関です。。




今回は毛筆についてのみですが、1級はさまざまな課題が出題されます。


その中でも、大きな用紙に漢詩を「自由作品」で書くという課題はすごくムズカシイ…

私も初めての試験は散々でした(涙) もちろん不合格。。




さて、今回初めて1級を受験される生徒さんがいらっしゃるのですが、実は… ちょっと厳しい状況です。



先日のレッスンで初めて大きな用紙に作品を書く練習をしたくらいなので、

大きな字を書くことに慣れていないし、書き方や魅せ方なども分からない。

それでも、少しでも経験値を上げるために受験される気持ちが素晴らしいです!




レッスンでは、まず何も説明しないまま、自由に書いて頂きました。


作品というより、ただ1文字1文字の字を書いているだけという感じですが、

この「まず自分の力で書いてみる」という経験がすごく大切なのです。

11

 




次に「書体や字の大きさや配置」などを少しだけアドバイスして再チャレンジ!

12

 


色々なことを考えながら書いているせいか意識が散漫になり、墨が紙にしっかりとのっていない感じです。。



次に私が実際に書きながら説明をして、真似をして書いて頂きます。

※私も久しぶりに書きましたが、実際に書く姿を見せることが何よりも1番大切です。

13

 



本日は初めてのレッスンなので、あまり細かい説明やこだわりは抜きにして、

時間の限り色々な課題を書いて頂きました。

14

 

 

  ガンバレ!

15

 



書き方が分かれば、また始めのきっかけさえ作れば、あとは家で練習することができます。

今はとにかく、“数が勝負!”

書きまくるしかありませんよ。

そうやって自分なりに感覚やコツを掴んでいくのです



試験まで期間がありません。

悔いの残らないよう、やれるところまでやってやりましょう!



PS:レッスンの帰りに書道店に行き、用紙を1束(100枚)購入されたそうですよ。


 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める