年賀状に書く「平成」の“成”をカッコ良く書くコツ!

 

仕事でも日常生活においても、「平成○年○月○日」と日付を書くことは多いと思います。

この時期は、年賀状に「平成29年元旦」と書くこともありますね!?



先日、美文字のスカイプレッスンで年賀状の練習をしていて、生徒さんがこちらの「成」を書かれました。


何となくスカスカした感じ!? に見えませんか?

また迫力も欠けています。



“斜めの線”の書き方次第で、「成」の字は見違えます!



分かりやすくするため ちょっと極端に書きましたが、このように孤を描くように、長く書いてみましょう。



字に圧倒的な“迫力”や“躍動感”を表現することができます。




長く書くことに慣れていないので、誰でもはじめは違和感があると思います。


今は数が勝負ですよ!




だいぶカッコ良くなってきました。





この書き方をマスターすると、「成」だけではなく、
他にも多くの字にも活かすことができます!


「城・武・式・代」 など、他にもたくさんありますよね。



このパターンの字を書くときは、
孤を描くように思いっきり長く書いてみましょう。

きっと字が見違えますよ。


 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める