ビジネスでは「数字」をキレイに書けることも大切です

 

私のペン字レッスンは、必ずと言ってよいほど「数字」の書き方のレッスンも行ないます。


理由は、「数字」をキレイに書くことは大切だと、私が思っているから!



ビジネスマンも、またそうでない方も「数字」は必ず書くと思いますが

あまり気にせず書いている方が多いのではないでしょうか?

しかし、「数字」も「文字」と同じように見れば キレイ or そうでない かが分かる。


何気なく書く「数字」1つがあなたの印象にも繋がりますので、今一度「数字」もキレイに書けるようにしておきましょう!



さてこちらは、先日のレッスン時に生徒さんが書かれた数字です。

54

 


丁寧に書かれていますが、少し子供っぽく見えるかも…

 「8」が特に書きにくいとのことです。





こちらは説明時にホワイトボードに書いた数字ですが、
恐らくパッと見で、上段よりも下段の方がキレイに見えると思います。

※キレイというより、大人らしく見える

51

「数字」は、少し斜めに書くと大人らしくキレイに見えます。




その他にも色々とコツはありますが、まずはそれに絞った説明をしていきました。

53

 

 



斜めに書いたほうがキレイ、ということを生徒さんも理解されたので、あとは練習して慣れていくのみ!

55

 


まだ「8」には苦戦されていますが、少しずつ慣れてきたみたいですね。


何年、何十年と無意識に書いてきたので、すぐに変わることはないと思います。


しかし、数字は仕事でも日常生活でも書くことは多々あります。


そんなに難しいものではないし、所詮は「1~10」しかありません。


「数字」を書くときは、常に“意識”をしましょう!


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める