「家」の書き方のコツと、注意すべきポイント

 

本日は「家」の書き方のコツを簡単ですが解説いたします。



この字はムズカシイと思います。
何となく書いたのでは、恐らく失敗する…


書き方のコツ・魅せ方のコツを、自分の頭で納得するまで理解することが大切です。



「家」を美文字に書くコツは、中心軸に合わせて、スマートに書きましょう!

13

 


スマートに書く・スマートに見せるためには、いくつかの方法があります。


まずは「うかんむり」の大きさ。

「うかんむり」は、少し小さく(狭く)書きましょう!



「うかんむり」が大きい(広い)と、絶対にスマートには見えません。

人間で言うと、頭がデカいというようなイメージかな?

15

 



次は字の傾きについて。


中心線に合わせて真っすぐ書きましょう!


このような「家」だと軸がなく傾いて見えると思います。

17

 



特に下の“豕”の部分。

赤丸の部分を中心線に合わせるように書くと、字に軸ができます。

16

 


ポイントを一覧にしましたので参考にしてみてください。

14



いかがでしたか?


細かく説明をするとポイントはまだまだあるのですが、
まずは「うかんむり」の書き方と「豕」の書き方のコツやポイントを覚えて、
中心線に合わせて書くことを意識してください。

カッコいい「家」が書けるよう、頑張って練習して下さいね!

13


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める