「株式会社戦国」の会社定款作成③

 

『株式会社戦国』の会社定款を「巻物」完成しました。

 

 

全長7尺(約2メートル)の定款




しかし、まだやるべき作業があるのです。

 

それは「箱書き」という作業。




業者の方に、巻物の大きさに合わせた「桐箱」を用意して頂くようお願いしておきました。

 

こちらがその「桐箱」

紙の入れ物とは違い、重厚感があってカッコいいですよね!

また、木のいい香りがします。

 

さて、まずは桐箱の中から巻物を取り出し、題字を書きます。

 

   けっこう緊張・・・







題字を書くとサマになりますね。

巻物の生地がとっても綺麗です!

 

そして次は、“箱書き”という作業。

 

先程の「桐箱」に題字を書きます。

 

しかし、いきなり桐箱に墨で字を書くと にじんでしまう可能性があるのです…

 

※木の表面にはあらかじめ、にじみを防止する「との粉」が塗られているので、
  それを布やティッシュなどでひたすら擦り、木に馴染ませていきます。

 

  ウォォォーー!

 

写真がぼやけるくらいの速さで擦りました(笑)






いくら擦って「との粉」をすりこんでも、にじんでしまったら最悪…

 

なので、こういう場合は「濃墨」を使用します。

墨液といってもサラサラしてなく、“ドロドロ”です。


 

 

 

  さぁ! いよいよ箱書き

 

桐箱に書く練習はしたこともないからぶっつけ本番!これはかなり緊張(冷汗)


 

そして次は、ふたの内側に署名をします。

 

 

    ウォォォーー!


 

内側には日付と私の名前を書かせて頂きました。

 

箱の出っ張り部分があるので、手が固定できず、すごく書きにくかったです(涙)

 

 

これでやっと… 完成!

 

色々ありましたが、率直な感想は…

 

何とか納期に間に合い、とにかくホッとしています。

やりきった達成感と充実感でいっぱい!


 

 

おっと!? まだここにも書く所があった(汗)

 

  書きにくい・・・


 

 

 

6月25日(木)、無事 美崎栄一郎さんに手渡すことができました。


 

 

その後に開催際されたイベントにて。



 

 

そして、極めつけがこちら!!


甲冑姿で登場された
総大将の美崎栄一郎さん。

 

何と甲冑の重量は20キロ! 近くで見ると圧巻でしたよ。

 顔は分かりませんね(笑)



 株式会社戦国のホームページ

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める