上手く書けない字があったら、納得できるまでとことん練習する! 

日々ペン字のレッスンを行なうことで感じていますが、

生徒さんによって「字の形」が違うのはもちろん、「人の性格」もそれぞれに違います。

 

レッスン中、字を練習する際に

 

・たくさんの字を幅広く練習をしたい方

・1つ気になる字があったら、その字が書けるまでとことん練習したい方

 

色々な方がいらっしゃって面白いです。

どちらも必要なことなので、「これが正しい!」という正解はありません。

 

 

さて、現在ペン字のオンラインレッスンを受講されている男性の生徒さん。

こちらの生徒さんは気になる字があったら、納得できるまでとことん練習されるタイプです。

 

先日のレッスン時に、こちらの「幸」という漢字を書かれました。


 

 

「たて線の傾き」や「字の形」など気になるところがたくさんあるので、注意点や書き方のコツを細かく説明。

 

 

 

「幸」3画目の “土” の長い横線を反りたいのですが、

頭では分かっても、手がなかなか思い通りに動いてくれず苦戦されています(苦笑)


長年書いてきたクセというのは、本当に厄介なんですよ。。

 

 

しかし、生徒さんは諦めません!

アドバイスを求めながら、納得の字が書けるまで何度でも書き続けます。

 

 


これだけ意識して練習すれば、何かしらのコツや感覚を掴むことができるはず。

こちらの「幸」は自分でも納得できた1番のお気に入だそうですよ。


確かにバッチリ決まりましたね ok

 

 

たった1つの字でもキレイに書くことができたら、人は嬉しくて “自信” が付いてきます!


自信が付いてくると、気持ちも線も変わり全体的に字の上達スピードが速くなっていく。

これは今までに色々な生徒さんを見てきた中で、実感していることです。

まだまだこれからですが、頑張っていきましょう!

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める