美文字の企業研修 “会社封筒”を使用した「宛名書き」の実践!


キムラユニティー株式会社様で開催した「美文字研修」

本日は~応用編~の後編です。


リーダーたちと事前に研修内容について打ち合わせをしてきました。

会社の実際の封筒(大・小)を使用して、「宛名」(住所・会社名・部署・名前)を
書く実践練習をしてほしい、というご希望がありましたので取り入れました。


「封筒」に宛名を書く際のポイントは、“読みやすい”ということです。
キレイな字で書くのが理想ですが、それよりも丁寧に書いて、読みやすいということ。

読みやすいということは、筆記具(ペン)にもこだわってほしいです。


例えば、こちらはボールペンで書いた封筒です。


2

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは、少し太めの濃いペンを使用した封筒です。


1

 

 

 

 

 

 

あきらかに見栄えが違うのが分かると思います。

封筒に相手の宛名を書く際は、少し太く、濃いペンを使用しましょう!



ちなみにこちらは「ぺんてる」の“プラマンペン”を使用して書きました。※JM20AD
研修を受講された皆様には、こちらのペンをプレゼントしましたが、
皆さん、「書きやすい!」と言われていましたよ。
プラマンペン2



 

 

 

 

カタカタで会社名を横書きするのに、皆さん大苦戦・・・

「カタカナ」や「横書き」にも、書き方のコツがあります。
それらを実際にホワイトボードに書きながら説明していきました。


43



 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講された皆様、とても一生懸命に練習されています。


41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き方・魅せ方のコツを説明することで、何となくでも感覚を掴まれたようです!


「封筒」に宛名を書く際は、
太く濃いペンを使用するだけで、圧倒的な見栄えがします。
またそれだけで、字からあなたの自信が伝わります。


自信のある字を書くことも、ビジネスにおいては大切ですよ。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める