「封筒」に宛名を書くのに適した筆記具とは?

先日、美文字の企業研修の中で、

実際の会社の封筒(大)(小)に宛名を書く練習をしました。

32



 

 

 

 

 

 

 

 

まず実際に働かれている社員の皆様に、

 

「会社の封筒を書く時は、どのようなペンで書かれていますか?」

 

このようにお聞きしたところ・・・

 

多くの方が、「ボールペンで書いています」と答えられました。

 


どんな筆記具を使用すべきか、特に
“これが正しい”という正解がある訳ではありません。

 

ただ、封筒に字を書くということは、

宛先に届くまでに、郵便局の仕分けの方や郵便配達の方も見られます。

 


そう思うと「読みやすい」ことが、何よりも大切!

 

読みにくい字を書いて間違いが起こることが1番怖いですね。。

 


「読みやすい」ということは、丁寧な字を
書くことはもちろんですが、

“筆記具(ペン)”を変えるだけでも、読みやすくなりますよ。

 


下の2枚の封筒を見比べれば、違いは一目瞭然だと思います。


2

 

 

 

 

 

 


1

 

 

 

 

 

 

①は“ボールペン”で書いたもので、

②はこちらの“プラマンペン”で書いたものです。

※私はこちら「ぺんてる」のプラマンペンを愛用しています JM20-AD

プラマンペン2

 

 

 

 

 

 

このように、少し太くて濃いペンを使用するだけで読みやすくなります。

また間違いを減らすこともできる。

 

そして、

封筒の宛名が太くて濃く書かれていると、書き手(あなた)の“自信”も相手に伝わります。

 自信を持った字を書くことも、仕事においては大切なことですよ!


大きな封筒に書いたものを比べると、伝わる印象がこんなにも違います。

 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修では、実際の封筒を使用して書きながら違いを感じて頂きました。

 44

 

 

 

 

 

 



ちなみに、

複写紙になっている「送り状」には、プラマンペンは使用できません。。

 ボールペンにも色々な種類がありますが、私は細めのボールペンが書きやすいかな!?

 
4


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める