漢字を若々しく、引き締めて魅せる方法!?

 

本日は生徒さんの書かれた「何卒(なにとぞ)」をもとにして、書き方のコツを解説いたします。

仕事において、「何卒お願い致します」と使うこともあると思います。



さて、こちらはレッスン前に生徒さんが書かれた「何卒」です。

Q、どこをどう修正すれば美文字になると思いますか?

68


例えば「何」の字ですが、“口”を書く位置に注目してください。

“口”をもっと高い位置に書くだけで、字がキュッと引き締まり、若々しく見えます。



次に「卒」の字ですが、上半分を少し小さく書いて、最後の縦線を長く伸びやかに書きます。


そうするとスマートに引き締まって見えますよ。




レッスンではそのような説明をしながら進めていきます。


そして自分自身で納得するためにも実際に何回も書きながら、コツを覚えこんでいきます。




それでは生徒さんなりにコツを掴み、書かれた「何卒」をご覧ください。

63

 
字の重心を上にあげることで、字が若々しく引き締まって見えませんか?


美文字を書くためのコツやポイントはたくさんあります。


これらをいかに数多く覚えるかが、大人の美文字習得に関してはとても大切ですよ!

 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める