ムダな手の力を抜いて、やわらかい字を書く練習方法とは!?


「キレイな字を書こうと思うと、緊張して手にガチガチに力が入ってしまう…」

 

これを改善するための私が取り入れている方法として、本日はもう1つの方法を説明します。

 

それは「“ひらがな”を練習すること」

 

“ひらがな”の大きな特徴は、線の質がなめらかで柔らかい所 。

 

ひらがな  曲線の美  とも言われています。

 19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらがなの美しい曲線を書くためにはガチガチに力が入っていると、
決してなめらかに書くことはできません。

 

“漢字”は、直線的なものが多いので、多少力を入れないと弱々しくなってしまう…

 

しかし、それに対して

“ひらがな”は、曲線的なものが多いので多少力を抜いて書かないと硬くなってしまう…

 

そういったことを頭でイメージしながら書くだけで、自然と手の力が抜けて字がやわらかくなっていきますよ。

 


もちろん、字の形もしっかりと覚えてもらう必要もあるため、
ホワイトボードを使用して実際に書きながら細かく説明します。

 

21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



女性がすらすらと美しい“ひらがな”を
書かれる姿はとても素敵ですね☆

 

ペンの持ち方も数ヶ月前にレッスンにはじめて来られた時と比べると、

本当に良くなりました!


はじめの頃は、ガチガチに力が入っていたんですよ(汗)

 20



 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める