やわらかい「ひらがな」が書けるようになりたい!

 

「ひらがな」の1番の特徴というのは、“曲線の美” だと私は思っています。


今、美文字のレッスンを受講されている生徒さんに、
ガチガチの“ひらがな”を書かれる生徒さんがいらっしゃいました。


これはレッスン受講前に書かれたものです。

天木様ひらがなb

 


ひと月が経過した現在は、↑この面影がないほど上達されていますよ!


しかし、生徒さんご本人の希望で、
「もっと やわらかい“ひらがな”を書けるようになりたいです!」ということを言われました。


やわらかい“ひらがな”を書く技術も色々ありますが、今回は「リズム」についての説明を行ないました。


方法として、「いろは歌」で練習を!

6

 


1文字1文字を丁寧に書くのではなく、リズムに合わせて、次の文字に次の文字に意識を繋げていく。


そうすることで、無駄な手の力が抜けやすくなります。

※慣れないと、字がすごく崩れるかもしれませんが…

7




もう少しペンの上の方を持っても良いかもしれませんね。

8




「美文字になりたい」という想いに加え、こちらの生徒さんは、はじめから

「手にガチガチに力が入るのを直したい」という強い想いをお持ちでした。



まだ練習中ですが、熱い想いがあるので、これからの進化が楽しみです。

精一杯お手伝いをさせて頂きます!

9


ちょうど写真の左下に約半年前に書かれた「ひらがな」がありますが、今では全く面影がありませんね。


ご自分でも「もうあの字は見たくない!」とおっしゃっています(笑)

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める