“白”で学ぶ、大人らしい「行書」のコツは、やわらかく書くこと!

 

本日は行書の「白」の書き方について説明いたします。

この「白」という字、簡単なようで 実は結構むずかしい漢字です・・・


行書は楷書と違い、少しやわらかく書くのが特徴。




このように並べて比較すると、違いが分かりやすいと思います。

11

 



こちらはオンラインレッスン中に私が書きながら説明したものですが、
左右の縦の線が少し丸みを帯びているのが分かりますか?


生徒さんもこれがなかなか上手く書けず、特に重点的に説明をしました。

21

 




上の「白」を見ると、線の太さが違うことに気付きますか?



1つの字の中で、線に太い細いの強弱をつけて書くことができれば、メリハリが出て字が上手く見えます。

これを自然と書くことができれば、上級レベルですよ!

あなたも1度、試してみて下さい。


行書の「白」の書き方を動画で説明しています。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める