生徒さんの書かれた「条」 ← どこを直せば もっと美文字になる?

 


「ある程度キレイに
書けたような気がするけど、何かしっくりこないなぁ…」

 

キレイな字が書けるようになってくると、このように感じることが多くなってきます。

レベルが上がってきている証拠なので、とても良い傾向です。

 

あとワンポイントのコツを覚えることで、字は驚くほど変わっていきますよ!

 

しかし、それを自分で気付くのは難しいので、レッスン時にこれらを説明していくのが私の役目。

 

こちらは生徒さんが書かれた「条」です。

生徒さんもキレイに書けたと感じていますが、何かしっくりこないとのこと…

特に直すところはありませんが、

Q、あとワンポイント直すことでもっと美文字になるなるのですが、どこだか分かりますか?

 

 


A、下部の「木」を →「ホ」に変えることで、字がスッキリして引き締まります。

 

下の字を見比べれば分かりやすいと思いますが、右払いが2つあると、字がうるさい感じに見える。

 

私のルールでは “右の2重払いは禁止” にしています。

※あくまで私の中でのルールです

 

 

この書き方を覚えたら、たくさんの字を書くときに活かすことができますよ!

例えば「炎」や「検」

 

 

 

 

また、この書き方を覚えると「しんにょう」の字を書くときに、とても役立ちます。

 

今回は「返」や「込」だけを書きましたが、

その他にも「速」「送」「退」「迷」etc. どの字にもこの書き方は活かすことができる。

 

このように、あとワンポイントのコツを覚えることができれば、あなたの字はもっと美文字になりますよ!

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める