楷書である程度の基本を身に付けたら、早々に「行書」のレッスンを行ないます!

ペン字のレッスンをはじめて約3ヵ月が経過した生徒さん。

 

レッスン前はこのようなちょっと子供っぽい字でしたが…

 

 

基本をしっかりと身に付け鍛えてきたので、今ではある程度の「ひらがな」や「楷書の漢字」が書けるようになってきました。

 

 

しかし、これはまだ通過点にすぎません。

こちらの生徒さんの1番の目標は、“速く・キレイな字” が書けるようになること!

 

速く・キレイに字を書くためには、「行書」を覚えるしかない、と私は思っています。

また行書を覚え身に付けることができると、大人らしい柔らかい線が書けるようになりますよ。

子供や字が苦手な方の共通点は、とにかく線が堅い!

これは手にムダな力が入っている証拠なのですが、「行書」を学ぶことでこれらが改善されていきます。

 


という訳で、多少時期尚早かもしれませんが先日より「行書」のレッスンに入りました。

何をするにも、“初回”が1番重要!

自己流などで、はじめに変なクセがつくと後々直すのが大変ですから。

 

 

 

実際のペンの動きを見せながら行書の基本をしっかりと説明していきます。

 

 

 

行書のイメージやペンの動き・流れの感覚を掴むためにも、生徒さんには何度でも書いて頂きます。

 

 

 

難しい所や悪い所などがあれば、すぐに指摘したりアドバイスをできるのがマンツーマンレッスンの1番の強み!

 

 

 

この日のレッスンは行書の初回レッスンということもあり、

何となく全体像を掴んでほしかったので、幅広く色々なパターンの字を説明し書いて頂きました。

 

 

 

今日はじめて書いたとは思えないくらい、なかなかカッコ良い行書ですね!?

 

しかし、これは今までのレッスンで「楷書」をしっかりと学び練習してきたからこそです。

まだまだ線質の堅さはありますが、これらは慣れていくと自然と改善されるので大丈夫ですよ!

 

 


「行書」は速く・キレイに書ける理想の書体です。

まだこれからたくさんの練習が必要ですが、身に付けてしまえば “一生モノ” なので、ぜひマスターしてくださいね。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める