マンツーマンレッスンで、毛筆書写検定1級「賞状書き」のノウハウを伝授!

毛筆書写検定の1級合格を目指して日々練習を頑張っている生徒さん。

最近は「賞状書き」が楽しいとのことです。

 

 


その理由は、今まで曖昧だった「賞状書きのノウハウ」を知ることができたから!

 

・レイアウト線の引き方

・文字の配置の方法

・字の形や書き方のコツ etc.

 

私自身の研究や経験から身に付けたノウハウ、また とっておきのコツや方法などをレッスンでは存分にお伝えしていきます。

 

このレイアウト線を引くノウハウをしっておくと、書写検定試験だけでなく実際の賞状書きや宛名書きなど、色々な場面で活かすことができる。

 

 

乾いていない墨で紙を汚してしまう可能性があるため、基本的に賞状は左側から書き進めていきます。

 

 

 

もう何回も書いて鍛えてきたので、

生徒さん 迷いのない力強い字ですらすらと書ける知識と技術を身に付けていて、頼もしい限り!

 

 

 

生徒さんの書かれている向かいで、私も同じものを書いていきました。

 

 

 

 

 

 

書き終わったら、賞状を遠め見ながら一緒に改善点などを話し合っていきます。

ただ書いて終わりではなく、この時間がとても大切!

 

上が生徒さんが書かれた賞状で、下が私が書いた賞状。

※レイアウトは多少違いますが、特にどちらでも構いません

 

 

 

とりあえずは、これで大丈夫かな。

もっともっと「力強い楷書」が書けるようになると、さらに見栄えがすると思います。

 

そして、毛筆書写検定の1級に合格したら
次は色々なパターンの賞状の書き方を伝授しますので、また一緒に書いていきましょうね。

どんどんハードルを上げていきますよ!

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める