仕事で活かす実践的な「横書き文章」の書き方のコツやノウハウを身に付ける

「小学生が書いたような字がコンプレックスなので直したい!」

 

このような悩みや想いを持って、私にペン字のオンラインレッスンを依頼された東京在住の女性の生徒さん。

 


こちらはレッスン前に書いて頂いた「ひらがな」ですが、そんなに悪くはないですよ。

※提出するということで、いつもよりもすごく丁寧に書かれたそう(笑)

 

 

 

 

しかし、継続してレッスンを頑張った今では、普通にこれくらいの字をすらすらと書けるようになっています。

 

 

 

そして次は、文章や挨拶文などの応用・実践レッスン。

 

基本技術がきっちりと身に付いているからこそ、

いきなり書いた「横書き」の “ありがとうございます” も、バランス良く書くことができます。


「横書き」はバランスをとるのがすごく難しいんですよ。

 

 

 

「横書き」をさらにバランス良くキレイに魅せるコツは、字の形や大きさに変化をつけること。

“ひらがな” だけの文章ですが、上下を見比べると

・どちらがバランスが良いか?

・どちらが読みやすいか?

一目瞭然だと思います。

 

 

 

もちろん文章に “漢字” が入っても同じ。

・漢字は大きく書く

・ひらがな は少し小さく書く

 

そうすることで、文章にメリハリがついて読みやすくなります。

 

 

コツやノウハウが分かれば、あとは「習うよりも慣れろ」です!

 

 

挨拶文を中心に色々な文章を書いていきますが、

慣れないうちは文章が波打ったりして、まっすぐ書くことがなかなかできません…

 

 

 

意識をしてたくさん文章を書く練習をすることで徐々に慣れていきますので、

トレーニングだと思って今はとにかく書いていきましょう!

 

 

 

 

レッスン後、家で自主練習されたものをスキャンして送ってくださる頑張り屋の生徒さん。

まっすぐバランス良く書けていて素晴らしい!

漢字とひらがなの大きさにもっと変化をつけても良いと思います。

文章に “メリハリ” がついて、さらに迫力が出ますよ。

 

 

この調子で、これからも頑張っていきましょう。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める