このような「しんにょう」は、できればすぐに直したい!

ペン字のレッスンで日々生徒さんの書かれる字をたくさん見ているので、気付くことがたくさんあります。


生徒さんそれぞれのクセや特徴、書きやすそうな字や書きにくそうな字、誰もが苦手な字の共通点など。

 

 

本日はその中でも、ほとんどの生徒さんが書きにくそうな字、苦手にしている字でもある「しんにょう」について取り上げてみます。

皆さん、「しんにょう」はすごく個性的な形で書かれます。

 例えばこんな感じ(汗)

 


約1年前にペン字オンラインレッスン始められた生徒さん、レッスン前はこのような

しんにょうの「辺」を書かれていました。

 

 <ビフォー>

 

キレイな字が書けない理由は、センスとか器用さとかは一切関係ありません。

ただ単に “正しい書き方” を知らなかっただけ!

 

レッスンではこれらを徹底的にお伝えして練習を繰り返すので、しばらくするとこれくらいの字は普通に書けるようになります。

とてもキレイな「楷書」のしんにょうですね!


 <アフター>

 

 

「しんにょう」の漢字はとてもたくさんあります。

 

道 進 連 選 辺 返 込 週 造 途 追 退 迷 近 通

迎 運 達 遅 過 遠 速 送 逸 述 迫 透 遣 逆 適

 

他にもまだまだありますが、

「しんにょう」だけでも書き方を知っておけば、とりあえず半分の50点は取れる!

 

あとは全体のバランスが整うよう色々な字を数多く書いて慣れていくのみ。

 

 

こちらの生徒さんは、楷書の練習を繰り返すことで知識や技術が高まっているので、
今ではさらに上級レベルの「行書」のレッスンにはいっています。

軽やかな線質で、“大人の字”って感じがしますね!

 

 

「しんにょう」が書けると、越 起 超 などの「そうにょう」の漢字を書いても

自然に対応することができて素晴らしい☆

 

 


基本的に漢字というのは、色々な “組み合わせ” で成り立っています。

まずは1つ1つのパーツの書き方を確実に覚えて身に付けておくと強いですよ!

 

あとはそれらを組み合わせてバランス良く書く力を磨いていくのみ。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める