「カタカナ」がキレイに書けるスキルは、ビジネスにおいては必須!

ペン字のオンラインレッスンを受講されている男性の生徒さんとお話しをしていると、

「仕事で “カタカナ” を書く機会が多いのですが、上手く書けなくて困っている」との相談がありました。

 

「会社名」がカタカナでもあるし、「商品名」や「サービス名」などもほとんどがカタカナ。

 

今の時代、カタカナがキレイに書けることもビジネスにおいては必須のスキルですね!

 

 

こちらはレッスン前に生徒さんが書かれたカタカナの一部です。

 

 

 

正直言って、私としては“カタカナ”ほど書くのが難しいものはないと思っています。

“漢字” や “ひらがな” よりもはるかにムズカシイ…


その理由は、

画数が少ない分、ゴマカシが効かないから。

 


ひとつひとつの「線の長さ」や「角度」、「跳ね」「払い」などがちょっとでも失敗したらすぐにバランスが悪くなってしまう。。

形がシンプルな分、キッチリと書くための“知識”と“高い技術”を要します。

 

 

オンラインレッスンでは、このように生徒さんの書かれた字を横に置いて、

 

・どこが悪いのか?

・どのように書けば良いのか?

 

それらを実際のペンの動きを見せながらピンポイントでお伝えしていきます。

 

 

 

スタートの「ア」から苦戦されています。

特に最後の払いが難しそう…

 

 

 

このような感じで「ア」から1文字ずつ書き方のコツやポイントをお伝えしていきました。

 

 

 

生徒さんも徐々にカタカナに慣れてきて、字の形や線が良くなってきています。

 

 

この日のレッスンは、ひたすらカタカナを書き続けました。

 

 

 

もちろんそれだけの成果も出てきていますよ!

 

 

 

生徒さん、私がした説明をこまめにメモされ頑張っていらっしゃいます。

 

 

 

気付けば、私もこんなにたくさん字を書いていました。

生徒さんと一緒に頑張ります!

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める