「島」の書き方のコツ

私のペン字のオンラインレッスンは、決して強制ではありませんが
生徒さんにレッスン前に家で練習をされたテキストをメールして頂いています。


レッスンを受講して書き方のノウハウを身に付けることはもちろんですが、

いかにレッスン後にやレッスンがない日に復習・練習をして、確実に落とし込んでいくことが大切!


また提出して頂いた字を見ることで、現時点の生徒さんの書きにくそうな字やクセなどを知ることができ、すぐにアドバイスしていくことができる。

しっかりとフォローさせて頂きますので、前向きに取り組んでいきましょうね!

 

さて 先日のレッスン前、生徒さんが練習されたテキストを提出され、

「“島” の書き方がまったく分かりません…」とメールに書かれていました。


その字がこちら。


 

 

 

ペン字のオンラインレッスンでは、このように生徒さんの書かれた字を横に置いて

 

・どこが悪いのか?

・どのように書けば良いのか?

 

実際のペンの動きを見せながら、言葉で細かく説明していきます。

 

 

 

 

自分の字の悪い所や書き方のコツなどが明確なったら、案外すぐに字は変わっていきます。

 

 

 

 

スリムでカッコ良い「島」になりましたね!

 

 

 

 

「島」は “正三角形” をイメージして書くとバランス良く決まります。

ちなみに「鳥」や「馬」も同じような形なので、まとめて覚えてしまいましょう!

 

 

また、ちょっと応用することができるようになると「嶋」も書けますよ。

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める