横書きの文章をキレイに書くための「応用・実践力」を覚え身に付けていく

すぐにでもキレイな字ですらすらと文章が書けるのが理想だと思いますが、そんなに簡単なことではありません!

 

・まずは「字の基本を学び身に付ける」

・それから「文章などの応用を学び、実践練習する」


このような段階を経る必要があります。

 

オンラインレッスンを受講されているこちらの生徒さんも、まずは基礎練習を繰り返していきながら

1文字ずつ子供っぽい字を変えていきました。

 <ビフォー>

 

 


 <アフター>

 

 

 

そして次は応用・実践練習にはいります。

基礎練習をしてきたので、1文字ずつは書けていますが、ただ字を書いているだけという感じがします。

 

 

 

 

基礎には「基礎のノウハウ」があり、応用には「応用のノウハウ」がある!

次はその応用のノウハウを身に付けるレッスンをしていきます。

 


「横書き文章」の書き方のコツや注意点は、

 

・右に上がっていかないよう気をつける

・字の大きさに変化をつける

・字間を少し詰める  

 

これらがポイントかな?

 

頭では分かっても、実際に書いてみると案外むずかしいですよ。。

はじめて聞く説明なので違和感かもしれませんが、生徒さん 苦戦しながらも頑張っています!


 

 

 

何度も書いて、自分なりの感覚を掴むことが大切。

文章に抑揚がついて良くなってきました。

 

 

 

 

色々な文章(簡単な挨拶文)を例にして、私も実際に書きながら細かいノウハウを説明していきます。

 

 

 

 

今は書けば書くほど慣れていくと思いますので、とにかくたくさん書いていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

キレイな字を書けるようになるには、まずは確実に基本を身に付ける必要がある。

 

そして仕事などの実践で活かすようにするには、次は応用・実践のノウハウを覚えてたくさんトレーニングすることが大切です。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める