「島」や「鳥」をキレイに書くコツを身に付ける

本日は生徒さんの書かれた「島」を例にして、「島」や「鳥」などの書き方のコツを説明いたします。

 

こちらがその「島」ですが…


 

 

 

生徒さんの書かれた字を横において、

・どこが悪いのか?

・どのように書けば良いのか?

 

レッスンでは実際のペンの動きを見せながら、それらを細かく説明していきます。

 

この画像を見れば、何となくどこがポイントか分かりますよね!?

 

 

 

バランスをとるために三角形を書いたりしながら書いていますが、とても難しそう…

 

 

 

 

それでも練習を続けていくと、ここまで書けるようになりました!

自分なりのコツや感覚も掴んできたみたい。

 

 

 

 

「では “鳥” と書いてみてください」と急にふってみたところ、1発でこちらの字を書かれました。

 

「どのように書けば良いか?」という勘が働き、応用が効いている見事な “鳥”。

また枠の真ん中に書けているのも良いですね!

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める