ひらがなをカッコ良くキレイに魅せる技術 「連綿(れんめん)」 の練習

ペン字のオンラインレッスンを受講して1年が経過した生徒さん。

 

今では「楷書」はもちろんですが、「行書」も「文章」もかなり書けるようになっています。

 

そして最近は、ひらがな を流れるように書く「連綿(れんめん)」に挑戦中!

※赤い矢印の部分

 

 

 

レッスンでは生徒さんの書かれた字を基にして、実際のペンの動きを見せながら細かく説明していきます。

 

この「から」は、ちょっと中心をずらす、という難しいテクニックですが、

「これからもよろしくお願い致します」など、挨拶文やお礼の文章で書く機会が多い。

マスターするとカッコ良いですよ!

 

 

 

 

 

 

 

他にも「連綿」が使えそうな文章があれば、失敗してもいいので今はどんどん書いていくことが大切!

 

 

 

 

そうすると、「書きやすい連綿」、また「書きにくい連綿」などが自然と分かってきます。

 

 

 

 

「した」「します」など、「し」からの連綿は、慣れるまではかなり難しいテクニック。

流れるように思い切って書ければ良いのですが、

はじめのうちは、こちらの生徒さんのようにどうしても連綿線が堅くなってしまいがち…

 

 

 

 

「連綿」を使いこなすことができるようになると、

書くスピードが速くなることはもちろん、圧倒的に見栄えがカッコ良くなります!

 

しっかりとフォローをさせて頂きますので、これからもどんどん挑戦していきましょう。

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める