「のぎへん」 1画目の短い左払いの書き方は重要!

 

現在、美文字のレッスンを受講されている女性の生徒さん。

「子供っぽい字をなおしたい!」

 

このような目的を持って、先月からレッスンを始められました。



こちらはレッスン前に書かれた「私」ですが、確かにちょっと子供っぽい字かな。。
74

 

 

全体的に修正すべき点は多々ありますが、まずは「のぎへん」を直さなければ。



「のぎへん」の1画目は、短く横向きに払いましょう!


このように書くだけで、風通しの良い明るい字になりますよ。



実際に並べて書いてみましたので、見比べてみて下さい。

17

 


1画目が下向きに払うと、線と線がぶつかり合って、風通しの悪く、また暗いイメージがしませんか?


このように説明をしながら癖やコツを確実に覚えて頂きます。



いつも書いている癖を把握し、美文字の書き方のコツを覚えて書いた「私」をご覧ください。
53

 


レッスン前に書かれた字と比べると、まるで別人ですね!

「のぎへん」だけでなく、「ム」もコツを覚え、スマートで明るい印象になりました。



生徒さんが理解・納得されるまで、私は徹底的に説明します。


曖昧に理解して、何となくその場でキレイに書けても、時間が経過したら、意識もなくなり元の字に戻ってしまうから!


「私」という漢字は、誰でも書く機会が多いはず。


今、確実にマスターしましょう。

 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める