はじめての「行書」、縦線と横線の書き方の基本!

 
私から美文字のレッスンを受講されている方は、はじめはとにかく

「人に見せても恥ずかしくない字が書きたい!」と言われている方が多いです。


しかし、マンツーマンレッスンを2ヶ月もすると、努力によりますが、
大体の方はコツを掴まれて、次のステップに進まれています。


・縦書き、横書きなど文章などの応用を教えてほしい方


・お礼状やお手紙を教えてほしい方


・カタカナや数字、アルファベットの書き方を教えてほしい方


など皆さん、色々な思いを持ってレッスンを受講されています。



そして上記以外で多いのが、

・「行書」の書き方を1から教えてほしい


このように言われる方も非常に多いです。




私自身、キッチリとした「楷書」よりも、すらすら書く「行書」の方が好き!


だから、喜んで教えています。

それに「行書」が書けたら、すごくカッコ良いですからね。



しかし、「行書」をマスターするには、とにかくはじめが大切!

ここで変な癖がついたら台無しに。。。



という訳で、本日は行書の基礎の基礎「縦線」と「横線」の書き方の説明をいたします。

11

 


漢字は、縦線と横線で構成されている、と言って良いほど重要です。


大人の美文字を目指すからには、必ずマスターしなければいけませんね。



はじめての方にも分かりやすように動画でゆっくり説明しています。

ご興味のある方はこちらの動画をご覧ください。

 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める