「食」をキュッと引き締める書き方のコツ

本日はペン字のオンラインレッスン時に生徒さんの書かれた「食」を基にして、

書き方のコツや注意点の説明をいたします。


こちらがその「食」ですが、キレイにバランス良く書けていますね。

 

 

しかし、ある部分を1箇所修正することで字が引き締まり、さらにキレイにすることができます!

 

Q、どこをどう修正すればよいか分かりますか?

 

 

 

A、正解は 最後の右払いを“止める”こと!

 

 


絶対のルールではなくあくまでも私なりの美文字理論ですが、1つの漢字の中に “右払いは1本だけ”。

これが私のマイルールです。

 


1つの漢字に右払いが2本あったら何となくうるさい感じに見えませんか?


並べてみると分かりやすいと思います。

 

 


他には「条」も同じで、最後の “木” → “ホ” に変えることで字をスッキリさせることができます。

 

 

 

「検」も同様です。

 

“右払いは1本だけ”にすると、字がスッキリ引き締まる!

これから 右払いが2本ある漢字があったら、1本は “止める”よう意識して書いてみてください。


簡単ではございますが、実際に「食」の書き方を生徒さんに説明しているレッスン風景動画、ご興味のある方はご覧ください。

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める