はじめての「小筆」レッスン

ペン字のレッスンを受講されている生徒さんから

「小筆を書いてみたいです!」というリクエストがありました。

 

女性の生徒さんなのですが、

『三国志』が好きな方で「力強い “楷書” が書きたい」とのこと。

 

このような前向きなリクエストは私としてはすごく嬉しい!! ぜひとも 力になりたいですね。

 

 

そしていよいよ初回の小筆レッスンですが、

新しいことをスタートするには何よりも初回のレッスンが1番重要!

 

はじめに自己流で間違った方法を覚えたり変な癖がついてしまうと、修正するのは厄介ですから。

 


まずは「横線」のレッスンから。

たかが横線1本を書くだけですが、はじめて持つ小筆ですぐにキレイに書けるほど簡単ではありません。

 

正しいノウハウや書き方を学び、自分なりの感覚やコツを掴むまで何度でも書き込むことが大切です。

 

 

 

手がブルブル震えながら頑張っています(笑)

思い通りに手が動かなくて、苦笑いをしながらも楽しそうに書かれる姿が印象的でした。

 

 

 

そして次は「縦線」。 縦線は、横線よりもムズカシイですよ…

こちらはお手本として私が書いたものですが、「川」を題材にレッスンしていく予定。

 

 

 

力強く安定した「縦線」を書くには、“筆を立てる” のが私なりの感覚やコツです。

生徒さん、「縦線」は横線以上に線がブルブル震えて書きにくそう。。

 

 

 

それでも何度も何度も書くことで、何となく感覚を掴んできた感じかな!?

 

 


初回の小筆のレッスンは、「縦線」と「横線」の練習を主に行ないました。

 

何をするにも “はじめが肝心”。

すぐには上手く書けなくても、“正しい書き方やノウハウ” は分かってきたと思います。

 

それらが分かったら家でも “正しい練習” をすることができるので、しっかりと継続してトレーニングしていきましょう。

 

楽しそうに一生懸命に字を書かれる頑張り屋さんなので、きっと上手くなりますよ!

次回もよろしくお願い致します。

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める