小筆の楷書でも特にムズカシイ 「右払い」や「しんにょう」の特訓中!

ペン字のレッスンを受講されている女性の生徒さん、

現在ちょっと気分転換も兼ねて、昔からやってみたかった「小筆」に挑戦されています。


先日は最も基本の「横線」からスタートし、「縦線の止め・跳ね・払い」、また「左払い」のレッスンなどを行ないました。

 

そして今回は「右払い」のレッスン!

 

 

私の経験上ですが、小筆で書く楷書はこの「右払い」ほど難しいものはないと感じています。

私自身も誰かにビッシリと教えてもらった訳ではなく自分なりに練習を繰り返してきたのですが、

「右払い」をマスターするまでには半年くらいかかったような気がします(苦笑)

 

そんな経験があるからこそ、今では自分なり身に付けたとっておきの書き方のコツや感覚を

生徒さんには細かくお伝えすることができるのが強み!

 

生徒さんの目の前で筆の動かし方などを見せながら説明し、何度も何度も書いて頂きます。

 

 

何となく書けたり書けなかったりが続きますが、手がブルブル震えなかなか自分の思うように書けない状態が続いていますが…

 

でも、まだ小筆を始めたばかりの初心者がここまで書けるだけでもスゴイんですよ!


 

続いては「しんにょう」のレッスン。

今は数をこなすことが大切なので、難しくても色々な字に挑戦していきます。

 

 

「右払い」や「しんにょう」は、筆の「角度」「スピード」「動かし方」色々なポイントがある。

書き方の理論を覚え、何度もトレーニングして技術や自分なりの感覚を身に付けなければいけません。


すごく書きにくそうですね(汗)

 

 


すぐに書けるほど簡単ではありません。


上手く書けなくて苦笑いをしながらも、何度も何度も練習される姿を見ていると感動。

「絶対に書けるようになってほしい!」
「絶対に書けるようにする!」という気持ちになります。

 

 

 

 

レッスンの最後には私が書いている所をスマホで動画撮影して頂きました。

「より細かい筆の動きが見たい」ということで、カメラを筆に近づけてドアップで撮られながら書く光景はちょっと笑えるし、変に緊張(笑)

 

家でも日々たくさん練習される生徒さんなので、

きっと何度も練習する中で、徐々に自分なりのコツや感覚を掴んでいくはず!

 

またレッスン時にフォローしていきますので、結構速いスピードでマスターされると思います。

これからが楽しみです☆

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める