「校長」の書き方のコツを動画にて解説

本日はペン字のオンラインレッスン時に生徒さんが書かれた「校長」を基にして、書き方のコツを説明いたします。


こちらが生徒さんが書かれたものですが、上手に書けていますね!

 


しかし、生徒さんとしては自分で書かれた字に納得されていない感じです。

何となく、しっくりこないとの事…

 

まだまだ改善できる所は多々あります。
オンラインレッスンでは、このように生徒さんの書かれた字を横に置いて、

・どこが悪いのか?

・どのように書けば良いのか?

実際のペンの動きを見せながらピンポイントにお伝えしていきます。

 

 

 

「きへん」の書き方や「父」の左右の払い方など、コツを覚えたら改善できそう。

同じように「長」の書き方も説明。

 

「長」は会社での役職や人の名前などで、書く機会の多い方もいらっしゃると思います。

・社長 部長 課長 係長 班長 など

・長谷川 長井 長田 長瀬 など

 

結構むずかしい字なので、書き方のポイントやコツを覚えておくと役立ちますよ。

「校」「長」の書き方にご興味のある方はこちらのレッスン風景をご覧ください。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める