失敗しない「しんにょう」の書き方を解説 ~私なりのコツ~

今までたくさんの方の字を見てきました。

その中でも、「しんにょう」は皆さん苦手で、とても個性的な形で書かれているかな。。

 

なので、ペン字のレッスンを受講される生徒さんには必ず「しんにょう」の書き方の説明をしています。

書き方を学び 何回も練習することで徐々に精度は高まっていきますよ!

 

 

こちらの「道」や「遣」を書かれた生徒さんはかなり上手いですが、

ちょっとバランスが悪いような気がする…

 

 

 

 

何となく、右側の「首」や「貴」と「しんにょう」が離れていてバランスが悪く感じませんか?



その理由は、矢印部分の空間が空いているから字全体が一体化していないように見えてしまう。

 

 

それを改善するための、私なりの方法をご紹介します。

 

「右側の字」と「しんにょう」を付けて書く!

そうすることで、字が一体化して全体的にバランス良く見えます。

 

 

 

他にはこちらの「えんにょう」や「そうにょう」にも活かすことができます。

 

 

 

レッスンで「しんにょう」の書き方のコツを身に付けると、このようにバランス良く引き締まった字に変わりました。

 

慣れるまでは違和感かもしれませんが、意識して練習すれば必ず書けるようになりますよ!

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める