現在、毛筆書写検定の1級合格を目指して取り組んでいらっしゃる生徒さん。

 

その中でも「小筆をもっと上手くなりたい!」という想いで、賞状書きの練習を特に頑張っています。

レッスン時には、家で練習した賞状を持ってきてアドバイスを求めてこられます。


付箋が貼っている箇所がうまく書けなかった所らしいですが、人の名前の部分に多いですね!?

 

 

中心線が取れておらず、名前の「福」と「田」がずれてしまっています。

「福」という字が書きにくそうなので書き方を説明して練習しているところ。

 

 

 

賞状書きで「人の名前」が上手く書けなかったら失礼になります。

賞状らしく、力強い線でまっすぐに書きたいもの!


私もその場で見本を書いて、それを見ながら生徒さんには練習をして頂きます。

 

 

 

全体的に線が細いのと、「たて線」がうねっていて弱く見えます。

“右払い” は上手い!

 

 

 

こんな感じで、苦手な字・上手く書けなかった字を徹底的に書いて特訓していきます!

 

 

 

「たて線」が弱い印象があったのですが、だいぶ力強くなってきましたね。ok

 

 

 

頑張り屋の生徒さんなので、また字を書くのが大好きな生徒さんなので、

書き方さえ分かったら、家に帰ってからもたくさん練習されるのは分かっています。

次回のレッスン時に見せて頂くのが楽しみです!

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める