小筆の「かな」レッスンで柔らかい線質を習得していく

現在「小筆」の練習を頑張っている生徒さん。

今までは漢字を主に取り組んでいましたが、「少し柔らかい字を書いてみたい」ということで

先日のレッスンでは、“かな” に挑戦してみることにしました。

 

力加減が難しくはじめは太い線になっていたけど、すぐにコツを掴み徐々に柔らかい線になってきた感じ!

 

 

 

 

筆の角度を立てて書くのがコツですが、その分 手が震えフニャフニャした線になりやすい。

細くて力強い安定した線を書くには、何度も練習して “技術” を磨くしかありません!

 

 

 

 

基礎練習ばかりでは飽きてしまうので、また手紙や年賀状などで活かしたいという

生徒さんの希望もあり「ひらながの文章」を書いてみることに。

 

簡単ですが、私が見本を書いてそれを参考にして練習していきます。

 

 

 

今まで ペン(硬筆)で何度も書いてきたこともあり、すぐに対応できとても頼もしい!

 

しかし小筆の線はヒョロっとしたり太くなったりして、まだまだ安定感に欠けるので、
そのあたりをこれから鍛えていく必要がありそう。

 

 

 

 

 

 

たくさん練習をされる頑張り屋さんなので、「ペン字」と同じように
「小筆」もすぐに感覚を掴んでいかれると思います。


まだまだコツやテクニックが沢山あります。

それらをどんどんお伝えしていきますので、これからも頑張っていきましょう!

 

 

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める