キレイな「行書」を書くためには、正しい書き方を学ぶことが大切!

私のレッスンを受講される生徒さんは、「楷書」がある程度書けるようになったら、ほとんどの方が「行書」に挑戦しています。

 

「行書」のメリットは、

 

・速いスピードで書くことができる

・見た目が圧倒的にカッコ良い

 

ちなみに私も普段はほぼ行書で書いています。

仕事などの実務でも使えるので、「行書」は理想の書体だと感じています。

 

 

だからこそ、「ぜひ生徒さんにも書けるようになってほしい」という気持ちが強いです。

 

しかし、独学で練習するのは危険!

変なクセがついてしまうと直すのが大変ですよ…


変なクセがつかないようにするためにも、はじめが最も肝心!

 

レッスンでは基礎の基礎から行書のルールを細かく説明していきます。

 

 

 

 

書き慣れないから違和感だと思いますが、“正しい書き方”を覚え、何度も練習して慣れていくのみ。

 

 

 

 

「横線」「たて線」「止め・跳ね・払い」などの基本を、実際のペンの動きを見せながら細かく説明していきます。

 

 

 

 

「田」みたいな単調な字も、行書で書くと字に抑揚や躍動感が出てカッコ良いですね。

 

 

 


ただお手本などを見て、それをマネして書くのではなく
「なぜこのように書くのか?」


それをしっかりと理解して書くことが大切!

 


レッスン時の私の説明は多少長く細かいもしれませんが…

理解して書けるようになってほしいので、ご了承ください(笑)

これからも頑張っていきましょう。

 



レッスン後に早速家で復習・練習をし、添削やアドバイスを求めてメールをしてくださいました。

良い感じに書けていて、これからのますますの成長が楽しみになります☆

 

 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める