「硬筆書写検定1級」はかなりムズカシイ・・・

いよいよ今週末6月16日(日)に、「書写検定試験」が開催されます。

私の生徒さん達も全国色々な場所で受験しますが、皆さん今は最後の追い込み練習中!

 

こちらはオンラインレッスンを受講されている生徒さんですが、最高位の1級合格を目指して頑張っていらっしゃいます。

 

毎回レッスン前には、このように家で練習された課題をメールにて送って下さるので

私としても、より細かい添削やアドバイスができます。

 

 

 

 

 

レッスンでは生徒さんの書かれた字を横において、

 

・どこが悪いのか?

・どのように書けば良いか?

 

それらをペンの動きを見せながら、ピンポイントで説明していきます。

 

 

 

 

このようなあまり馴染みのない「草書」は、言葉や文章での説明よりも、
ペンの動きを見ながらスピードの変化や抑揚やタメなどのイメージを掴んでいく方が分かりやすい。

 

 

 

 

生徒さんとしても、実際に書いているだけに理解しやすく、深いところで納得することができます。

 

 

 

 

こちらの「自由作品」は、1級の試験の中でもかなり難易度が高い!

 

生徒さんは毛筆もやってきているので、「かな作品」に挑戦されます。

全体の構成や字の崩し方やバランスなど高度な知識や技術、そして感性が求められる課題。

 

 

 

 


ハッキリ言って、「書写検定1級」のハードルはとても高いです!

 

これだけ上手に書けている生徒さんですが、すごくすごく厳しい闘いになるでしょう…


だからこそ、試験まであと1週間となりましたが、最後の最後までもがき練習していきましょう。

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める