硬筆書写検定3級の課題 、「掲示文」に挑戦!

 

文部科学省後援の書写検定試験が、6月18日(日)に全国で開催されます。


自分自身のスキルアップや力試し、またモチベーション維持のためなど

人により様々な目標や目的を持って挑戦されます。

1級に挑戦される方もいらっしゃいますが、私の生徒さんは3級の挑戦が多いかな!?


3級に挑戦する方は、まだペン字のレッスンを練習をはじめて数ヶ月の方ばかり。
レベル的にも、良い目標になります!



こちらが参考テキストです。

31



3級の課題にも色々ありますが、本日は「掲示文」について。



A3サイズの用紙に課題を、“体裁よく”書かなければいけません。


そのためには、このように ものさしを使用して、下書き(レイアウト)をします。

4

 



「掲示文」は、このレイアウトが素早く書けるかどうかがポイント!


生徒さんには、私なりのノウハウをしっかりとたたきこんでいきます。




レイアウトさえできれば、あとはマジックで書いていくのみ。

5

 



今はとにかく数をこなして慣れるしかありません。

生徒さん頑張っていますよ!

11

 




書き終わったり、家で練習されたものは、

このようにホワイトボードに貼り付けて遠めに見ながらアドバイスをしていきます。

6

 



この「掲示文」の課題は、ほとんどの方は書いたことがないので、苦手意識をもってしまいます。

しかし、書き方のコツさえ知って練習をすれば、そんなに難しい課題ではありません。

 頑張りましょうね!


 


 

セミナーの依頼・お問い合わせは、
電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・無料体験レッスンのお申込みはこちら

このサイトを広める